FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素朴な味ブーム
2008.01.21 (11:40) 産休中のあれこれtrackback(0)comment(4)
妊娠初期の体調悪化に加えて、
私を戸惑わせたのは自らの味覚の変化でした。
ご多分に漏れず柑橘類にはまって
グレープフルーツ漬けになったつわりの時期を除いても、
大好きだった揚げ物、クリーム系(パスタやケーキ)が全くダメ・・・
そのかわり煮物や味噌汁、何よりおにぎりが美味しくなりました。

また、
お腹のベビーにこのひとくちが、この食品が届けられるかと思うと、
添加物や栄養面がより一層気になりはじめ・・・
買うものを厳選する分、
必然的にエンゲル係数がアップすることとなりました。

顔中の吹き出物や朝から晩までの頭痛などなど・・・
妊娠後の体調悪化を相談した助産士さんに紹介されて
出会った漢方と鍼灸には、
その後もずっとお世話になっています。
その出会いから、
初めて私は自分の体調を感じとることを知ったしだいです。
これまで「私って冷え性なの。」とおっしゃる華奢な女性に
憧れさえ抱いていたほど、
自分は冷えやむくみとは無縁と思っていたのですから。
「えっ?これってむくんでる状態なんですか?」
「いつもこんなもんでした。。。気にしたこと無かった。」
という無自覚丸出しの受け答えの連続。

そこで教わったのは、
・生野菜や乳製品など、
 冷蔵庫から出してすぐ食べるものは要注意!
・甘いものやフルーツは身体を冷やし水分を溜め込んでしまうため
 『逆子食』とも呼ばれていること。
・カルシウムは乳製品ではなく、小魚からとりましょう!      
 などなど・・・

その結果・・・
自分自身のカラダに勝手に起こった味覚の変化も手伝って、
そう苦にならずに食を転換していくことができ、
結果としてどんどん素朴な味に目覚めていくこととなりました。
妊娠後期になって体調も落ち着き食欲も回復してくると、
小腹が減っては「甘いものが食べた~い!」欲求もしっかり復活。
そんな時は、お芋を蒸かしたり、
白砂糖ではなく黒糖で、
バターや卵を極力控えたお菓子を手作りしていただいています。

dc011510.jpg

こちらはそんな一品。
黄な粉と黒糖のクッキーです。素朴~!

スポンサーサイト
prevhome next
まいまいつぶり
2008.01.29 (10:11) + URL + EDIT
家具やさん、コメントありがとうございます!
カラダを内&外から冷やさないことで、内臓や免疫機能が機能するらしいことを知り、ずっと35度台だった平熱を上げようと思ってやっているところなのです。
でも根っからの食いしん坊一家ですので、おいしいものの誘惑にはとっても弱いのです。。。
家具屋
2008.01.27 (21:50) + URL + EDIT
かなり食事に気を付けているんやね。僕も食事には気を付けた方が良いんで、聖子と一緒に多少アドバイスをもらったりしたけど、実際どこまでできているのか。。。でも意識は持っているだけでも違うね。ところが最近の聖子は煎餅三昧??
まいまいつぶり
2008.01.24 (10:01) + URL + EDIT
かなさん コメントありがとうございます!おっぱいの味は未知の領域です。。。タノシミ。
実は年末年始を挟んで一気に2キロ体重が増え、医者には気をつけるよう言われてしまいました。素朴な味でも、食べすぎは禁物ですね~。
かな
2008.01.23 (14:25) + URL + EDIT
ぬぬ?逆子食ですか!そうくんは逆子のまま生まれてきました。
今思うと、妊娠中は食べたいものを食べ…冷えを放置し、車校に通い…(汗また汗)。赤ちゃんに負担をかけていたなあ…。

素朴な味好みになって何よりだね。ぜひ続けてみてください。きっとおっぱいもおいしくなるよ~(^^)v












トラックバックURL
→http://maitsubasan.blog28.fc2.com/tb.php/9-0549ee96
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。